電気絶縁針脱毛と美容電気脱毛の違いについて

電気絶縁針脱毛と、エステで行われるニードル脱毛美容電気脱毛)の違いは、下記のようになります。

 

電気絶縁脱毛 電気絶縁針脱毛
「針」に特殊なコーティングがされた、ステンレス製の絶縁針を使用します。

 

針の皮膚に触れる部分に絶縁加工がしてあるため、電流を流すときに皮膚が火傷して色素沈着を起こさない利点があります。

 

絶縁部は熱が伝わらないようになっているだけでなく、必要以上に針が深く刺さらないようになっています。

 

美容電気脱毛 美容電気脱毛
エステサロンで行われているニードル脱毛で、「ブレンド法」とも呼ばれたりする脱毛法です。

 

使用される針に関しては、金属アレルギー防止の観点から、チタンや金で表面加工されているものが主流になっていますが、金属アレルギーを持っている方は最初に詳しく説明を聞く事をお勧めします。

 

 

ブレンド法 「ブレンド法」とは、

 

電気分解作用により、毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ発毛組織を処理する「電気分解法」と、高周波の加熱作用により、発毛組織を凝固させて処理する「フラッシュ法」を取り入れた方法で、アルカリと熱の2つの相乗効果を利用して処理します。

 

エステサロンでは医療行為は行えないため、高周波を当てる際でもあまり高い出力は出せません。

 

そうすると、脱毛効果は弱くなってしまうのですが、この「ブレンド法」では「電気分解法」と「高周波脱毛法」のいい部分を組み合わせています。

 

その結果、痛みや肌への負担は少なくなり、毛穴は引き締められ美肌効果も望めるというメリットがあります。

お勧めのニードル脱毛&レーザー脱毛

美容電気脱毛

エステティックTBC ⇒詳細はコチラ

女性の美をトータルサポート♪オリコンの美容脱毛技術力 顧客満足度で第1位

1976年創業の老舗エステサロン、全国47都道府県で展開中♪

 

レーザー脱毛

湘南美容外科クリニック湘南美容外科クリニック ⇒詳細はコチラ

医療機関でしか取り扱えない高品質レーザー、低価格&安心保証で実績抜群

2016年4月時点で全国49院展開(46拠点)