光脱毛やレーザー脱毛の仕組みについて

では、実際にはエステなどで行われている「光脱毛」はどのように行われているのでしょうか?

 

「光脱毛」で使用されている光は、「可視光線」という光です。

 

読んで字のごとく、電磁場のうち「目に見える波長の光」ということです。

 

それに反するのが、目に見えない「紫外線」や「赤外線」です。

 

これに関して言うと「医療レーザー脱毛」も同様で、実は「光脱毛」も「レーザー脱毛」も脱毛の原理は同じなんです。

 

では何が違うのかというと、簡単に言うと波長の違いによる出力のパワーに差がある事です。

 

「レーザー脱毛」の方が「光脱毛」よりパワーが強いので、少ない回数で効率的に無駄毛の処理が出来ます。

 

この件に関しては、また後程述べます。

 

 

話が戻りますが、「光脱毛」も「レーザー脱毛」も、機械から出力される光をムダ毛にあてて脱毛していくわけです。

 

機械から出力された光は、黒い色のみに反応するようになっているそうです。

 

黒い色(メラニン色素)、すなわち「黒い毛」ですね?

 

ですから、うぶ毛などの「色素が薄い色」や「白髪」には反応しないそうです。

お勧めのニードル脱毛&レーザー脱毛

美容電気脱毛

エステティックTBC ⇒詳細はコチラ

女性の美をトータルサポート♪オリコンの美容脱毛技術力 顧客満足度で第1位

1976年創業の老舗エステサロン、全国47都道府県で展開中♪

 

レーザー脱毛

湘南美容外科クリニック湘南美容外科クリニック ⇒詳細はコチラ

医療機関でしか取り扱えない高品質レーザー、低価格&安心保証で実績抜群

2016年4月時点で全国49院展開(46拠点)

光脱毛やレーザー脱毛の仕組み記事一覧

皆さんも御存知の通り、欧米人特に白人の体毛は東洋人などの黒くて濃い色の人よりも、色素が薄い体毛の人が多いです。ということで、日本では一般的なエステサロンでの「光脱毛」や「レーザー脱毛」は、欧米ではあまり一般的ではないそうです。それと、薄い色素の体毛だけではなくて、日焼けしている人や肌黒の人への「光脱毛」や「レーザー脱毛」は、ほとんど効果がないそうです。ということは、アフリカ系の色黒の肌の方にも効果...